虫歯の治療

日本橋人形町歯科が虫歯治療で大事にしている3つのこと

なるべく痛くないように治療する

虫歯の治療と言うと「痛い」という印象が強いと思います。しかしそれは、最新の治療法により変わってきています。塗布薬(表面麻酔)による麻酔や痛くない注射器の導入(電動注射器)、研磨や切削においても痛みを最少化することを心掛け、“痛くない歯科治療”を行っています。皆さんからも「あれ?麻酔いつ打ったの?」「えっ?もう治療終わったの?」なんて言われる事もよくあります。

大切な歯をなるべく削らない治療をする

歯は身体の一部です。失えば再生はしません。いつまでもご自身の歯で過して頂けるように当院では、虫歯を削る場合、できるだけ削る範囲を小さくし、元の歯をできるだけ多く残すように心掛けています。悪いところを削るために、健康な部分まで削ってしまうことは、残された歯の寿命に深く関わってきます。そのための高い技術を維持し、できるだけ長い間、ご自身の歯を使っていただけるように考えています。
※院長 吉田 清司は日本歯科保存学会の専門医です。

治療が終わったら・・・。アフターケアについて

歯科治療が終わった後のアフターケアはきわめて重要です。歯垢、歯石はたまり、適切な日常のケアはもちろん、定期的な歯科でのケアも必須になってきます。1~3ヵ月に一度の歯石除去などのケアを欠かさないことが歯の健康には欠かせないのです。当院では、定期的なケアを重視し、患者さんに案内しています。