歯周病治療

その症状ひょっとしたら、歯周病かもしれません

歯周病の症状と進行具合を確認しましょう

歯周病は、徐々に進行していきます。進行具合に応じて3つの段階で歯周病を分類しています。

1軽度歯周病

歯と歯肉の間にたまった歯垢、歯石に細菌が繁殖し、歯肉に炎症が起こった状態です。腫れや出血などの症状があります。

2中度歯周病

出血が多くなり、口臭が強くなってきます。歯石も目立つようになり、歯周ポケットが深くなっています。歯を支える骨が減りはじめ、歯がぐらつくようになります。

3重度歯周病

歯周病が進行し、歯を支える骨がかなり減ってしまっています。歯のぐらつきも大きくなっています。歯肉は化膿して赤く腫れあがります。

歯周病の治療法

軽度歯周病の段階で、効果的にブラッシング、歯科医によるクリーニングを定期的におこなうことで改善するケースがほとんどです。しかし、中度歯周病になると、丁寧な歯垢の除去、麻酔をかけたスケーリングといった施術が必要になってきます。歯周ポケットが深い場合には、歯周外科の施術も必要になってきます。
さらに進行した重度歯周病になると、歯周外科による治療に止まらず、抜歯が必要になるケースが出て来ます。