当院が選ばれる5つの理由

その1 患者さんにお話をきっちり伺い、正確な状況を把握する

歯の治療は非常にデリケートです。患者さん一人一人、歯の形や性質がちがいます。また、症状も人それぞれです。当院では、必ずどんな症状なのか、どんな痛みなのか、何で困っていらっしゃるのかをじっくりとお伺いします。その上で、患者さんに最適な治療を考え、提案していきます。気になることはなんでも質問してください。丁寧に、ご納得いただけるまで説明させていただきます。

その2 治療を安全に行うための徹底した衛生管理。

歯科医院において、衛生管理は非常に重要なポイントです。当院でも使用した治療器具は毎回、最新の滅菌器で無菌状態したり、手袋は患者さん毎に取り換え、安全な治療環境を徹底して整えています。また、空気清浄機も設置し、院内にダスト菌が蔓延しないようにも気を配っています。私も性格上、潔癖な所があるので、私自身が治療を受ける際に安心安全であると感じられるようにしています。

その3 ドクターが全てに責任を持つ。

当院での治療は全て、院長である吉田清司が、最初から最後まで担当いたします。日によって担当医が変わる、治療の途中で担当が変更されるといったことは一切ありません。最初の診断、ご相談から、実際の治療、その後のケアまで、一貫した治療を実施いたします。

その4 セレックを導入しています。

院内でセラミックの詰め物(インレー)、被せ物(クラウン)を製作するシステムです。口腔内カメラが正確な3D画像データを映し出し、そのデータからコンピュータのCAD/CAMを用いて精密な詰め物、被せ物を製作します。通常、被せ物、詰め物は、歯科技工士に製作を委託するため、数週間を要するのですが、当院の場合は、セレックの導入により、当日~数日での対応が可能になっています。

その5 出来る限り歯を抜かない。ご自身の歯で長く過ごしていただく治療をします。

かつて歯の治療では「悪くなった歯は抜く」という考え方がありました。しかし、現代では「できるかぎり、歯は残す」という考えが常識になっています。なぜなら歯は、人の見た目にも声にも、食生活にも影響する重要な器官だからです。1本の歯を失えば、噛む力のバランスが崩れて歯並びにも影響しますし、抜けている歯の横の歯に食べかすが溜まりやすくなり、新たな虫歯や歯周病の原因にもなります。また、歯周病を放っておけば体内に入り込んだ歯周病菌が悪さをし血管の中に梗塞をつくり、脳梗塞や心筋梗塞などにも発展します。

ですので、治療する場合には、できるだけ歯を抜かず、残すことを重視していきます。私は、日本歯科保存学会が認定する専門医であり、保存治療の専門家です。皆さんに歯は身体の一部であり、健康を左右する重要な部位であることをよーく認識して頂いたうえで治療にあたりたいと思います。