保存療法

抜歯をしないで、歯を保つために

保存療法とは

歯科保存治療は、ご自身の歯でずっと生活を送るために、歯を抜くことはせずに維持することを目的とする治療です。
歯を失ってしまう原因は、虫歯や歯根の病気、歯周病などがあります。歯科保存治療では、保存修復・歯内療法・歯周療法の三つがあり、これらの方法で歯を残すための治療を行います。

日本歯科保存学会専門医としての使命について

日本人の歯の喪失原因の半数は、歯周病とされています。
歯周病は歯を支える組織が失われ、そこにプラークが付着することにより歯肉炎が発症し、放置しておくと顎の骨まで溶けてしまい、最終的には歯が抜けてしまう症状。歯周病は全身疾患、生活習慣なども関係していて、歯科医療ではその治療に重要性が増してきています。
歯周病に止まらず、従来の歯科医療では、悪くなった歯は抜くという考えが主流だった時代がありました。しかし、現在では、できるだけ自分自身の歯を長く残していくという考えが主流になってきています。例え歯の上部が虫歯に侵されていても、歯根が健康であればできるだけ残し、口腔内全体を健康な状態で保つことが重要なのです。当院の院長、吉田は日本歯科保存学会の専門医として「一人でも多くの人の歯を、1本でも多く残す」ことを心掛けています。

一度インプラント手術をしてしまうと、元には戻せません。しかし、歯を残す治療をしていれば、より悪くなってしまった場合にインプラントを選択することも可能です。将来の治療の選択肢を多く残すことも歯科治療においては大事なことです。